舟木一夫


63年に「高校3年生でデビュー」
今の時代では考えられませんが、友情、団結、青春の美しさをトコトン歌い上げ、学園青春歌謡という独特のジャンルを切り開き、御三家の一人として絶大な人気を誇りました。

また、映画俳優としても非凡な才能を発揮し、66年には、リメイクの「絶唱」で、大衆の涙、涙を誘いましたね。
この時の主題歌「絶唱」は、それまでの青春歌謡とは一線を引く、相当に暗い歌で、あの舟木さんがと耳を疑いましたが、衝撃的だっただけに、未だに忘れられない名曲の一つだと思います。

学ランを脱いでから、女性をターゲットにした明るく甘い歌も歌っています。
「花咲く乙女たち」などで見せる、不特定多数の女性賛歌はリズム感も適度に伴った新境地を聞かせてくれます。

ところで、今回掲載したのは、同じショップでまとめてゲットしたレコードですが、サインにかなりのばらつきがあります。
本物はどれとどれなのだろう?








EPレコードジャケットに直筆サイン
A面 仲間たち
B面 はるかなる山
COLUMBIA SAS-139





EPレコードジャケットに直筆サイン
A面 ああ青春の胸の血は
B面 夕月の乙女
COLUMBIA SAS-202





EPレコードジャケットに直筆サイン
A面 花咲く乙女たち
B面 若き旅情
COLUMBIA SAS-318





EPレコードジャケットに直筆サイン
A面 高原のお嬢さん
B面 夏の日の若い恋
COLUMBIA SAS-588





EPレコードジャケットに直筆サイン
A面 東京百年
B面 やなぎ小唄
COLUMBIA SAS-632

EPレコードジャケットに直筆サイン
A面 初恋
B面 あなたの故郷
COLUMBIA SAS-1563





通常盤EPレコード


A面 仲間たち
B面 はるかなる山
COLUMBIA SAS-139
C ’63.11



A面 ああ青春の胸の血は
B面 夕月の乙女
COLUMBIA SAS-202
C ’64.1



A面 君たちがいて僕がいた
B面 青春はぼくらのもの
COLUMBIA SAS-230
C ’64.3



A面 花咲く乙女たち
B面 若き旅情
COLUMBIA SAS-318
C ’64.9



A面 おみこし野郎
B面 いなせじゃないか若旦那
COLUMBIA SAS-335
C ’64.8



A面 あありんどうの花咲けど
B面 待っている人
COLUMBIA SAS-502
C ’65.6



A面 高原のお嬢さん
B面 夏の日の若い恋
COLUMBIA SAS-588
C ’65.10



A面 哀愁の夜
B面 銀座すずらん通り
COLUMBIA SAS-657
C ’66.2



A面 友を送る歌
B面 おもいをこめて手をふろう
COLUMBIA SAS-680
C ’66.4



A面 星の広場へ集まれ!
B面 北国の旅情
COLUMBIA SAS-864
C ’67.3



A面 あいつと私
B面 夏子の季節
COLUMBIA SAS-883
C ’67.6



A面 心をこめて愛する人へ
B面 じっとしてると恋しい
COLUMBIA SAS-913
C ’67.7



A面 夕笛
B面 さんざしの花咲けば
COLUMBIA SAS-937
C ’67.8



A面 センチメンタル ボーイ
B面 愛につつまれて
COLUMBIA SAS-997
C ’67.11



A面 夜霧の果てに
B面 夢の中の恋人
COLUMBIA SAS-1104
C ’68.5



A面 残雪
B面 幸せよ急げ
COLUMBIA SAS-1047
C ’68.3

A面 銀色の恋
B面 ふたりだけの街角
COLUMBIA SAS-1190
C ’68.9





コンパクト盤


A面
  1. 仲間たち
  2. 叱られたんだね
B面
  1. はるかなる山
  2. よく遊びよく学べ
COLUMBIA SAS-1563
C ’63.10

A面
  1. 真白き富士の根
  2. 琵琶湖周航の歌
B面
  1. ゴンドラの唄
  2. 宵待草
COLUMBIA ASS-57
C ’63.10

A面
  1. 北国の街
  2. 浜の若い衆
B面
  1. 東京は恋する
  2. あありんどうの花咲けど
COLUMBIA ASS-132
C ’65.8





コロ・シート


A面 B面 C面 D面
  1. 高校三年生
  2. 水色のひと
  1. 修学旅行
  2. 淋しい町
  1. 仲間たち
  2. 美しいひと
  1. 只今授業中
  2. 学園広場
COLUMBIA SAS-1563
昭和39年1月15日






TOPへ戻る   直筆サインへ戻る