梅沢富美男


 ← Side 1

  1. 夢芝居
  2. 茶々
  3. 修羅
  4. 魔界のチャンプ
  5. お伽噺を








 ジャケット表 ↓




このピクチャーレコードに収録されている「夢芝居」は、小椋佳の作詞作曲と梅沢富美男のヴォーカルが生み出した奇跡の名曲だと思う。

3万枚売れればヒット曲といわれた時代に、なんと40万枚ものセールスを記録したのですから、凄いの一言に尽きますね。
カラオケでも大流行で、私も何度歌ったことか。。。

大衆演劇「梅沢劇団」の座長だったと思いますが、「下町の玉三郎」のニックネームで一躍歌謡界のトップスターになり、その後の大衆演劇ブームを作り出した功績はよくご存じの通りです。

地方役者の公演で、一万円札で出来たレイをかけるファンの姿をテレビでいやと言う程見たし、「チビっ子玉三郎」なんて役者もいましたが、今はどうしているんでしょうね?

歌舞伎の女形的妖艶な舞台での演技と違って、男っぽいというか、プロ意識の際だって強い方だと思っています。

 ジャケット裏 ↑

 ← Side 2

  1. 鬼のまま
  2. 伽羅の香り
  3. 篠笛恋歌
  4. 演歌みたいな別れでも




KING Record LP:K30Aー430
P1983






プロモーションEPレコード



A面 華ざかり
B面 恋心中
POLYSTAR RECORD R1-2030
P 1989

このプロモの曲は、初めて聴きました。
A面の「華ざかり」は、女性の恋愛観をテーマにしていますが、私の回りにいる女性の方が、更に進化している気がします。
一世代昔の女性心理を歌詞にしてると感じますが、舞台映えのする良い曲だと思います。
B面の「恋心中」は、レコードの痛み具合から、相当リクエストがあったのかもしれません。
テーマは「曽根崎心中」からとったのかな?と思います。
心中がテーマですから、甘い歌詞ではなく、相当にハードでリアルなものです。






通常盤EPレコード


A面 夢芝居
B面 茶々
KING RECORD K07S-361
P 1982




A面 演歌みたいな別れでも
B面 魔界のチャンプ
KING RECORD K07S-390
P 1983




A面 色が舞う
B面 香あわせ
KING RECORD K07S-555
P 1984




A面 くちぐせ
B面 こんな女と暮らしたい
KING RECORD K07S-10030
P 1985




A面 泣いちゃあだめ
B面 つぐみ
KING RECORD K07S-10048
P 1985




A面 恋曼陀羅
B面 恋扇
KING RECORD K07S-10080
P 1986




A面 あいそづかし
B面 別離舞
KING RECORD K07S-10137
P 1986

A面 愛の夜明け
B面 夜霧の世界
KING RECORD K07S-10212
P 1987






ポストカード

印刷サインのポストカードです。


梅沢富美男オフィシャルサイト

梅沢富美男公式ファンサイト



CDでリリースされてますから、興味のある方は是非聴いてみてください!







TOPへ戻る   ピクチャーレコード12インチ邦楽へ戻る