花の歌 作品39






19世紀を代表するドイツ人の作曲家として名高いグスタフ・ランゲ(1830−1889)は、400曲を超えるピアノ曲を残しています。
この「花の歌」や「エーデルワイス」などは、おなじみですね。
ランゲは、少人数の集まるサロンや家庭などで演奏されるピアノ曲を得意としていました。
どちらかといえば静かで軽快なタッチの曲が多いような気がします。
ピアノが発明されて爆発的に普及した19世紀末に、社会がそのような場所で演奏されるピアノ曲を必要としていたのでしょうか?
この時代背景の中で、多くの名曲が作られたのだと思います。



TOPへ戻る   クラッシック入門へ戻る