アヴリル・ラヴィーン /avril lavigne


アヴリル・ラヴィーン /avril lavigneは、カナダ生まれのシンガーです。
プロを目指してNYへ移り住み、アリスタ・レコードのスタッフの目に留まり、オーディションで一発合格し、そく契約を取ったのが若干16歳の時だったというアメリカンドリームを体現した人ですね。
17歳でデビューしたファーストシングル「コンプリケイテッド」が大ヒットとなり、一躍スターダムに上り詰めるという離れ業も驚きです。


Goodbye Lullaby


曲目
1. Black Star
2. What The Hell
3. Push
4. Wish You Were Here
5. Smile
6. Stop Standing There
7. I Love You
8. Everybody Hurts
9. Not Enough
10. 4 Real
11. Darlin
12. Remember When
13. Goodbye
14. Alice
88697-55870-2

C 2011 RCA Records

CDジャケット表




今のアメリカンポップスとはこうなんだと良くわかるアルバムです。
アヴリル・ラヴィーン /avril lavigneのこのアルバムを聞いていて、Smile などのアップテンポな曲が持ち味なんだろうなと思いますが、私の好みは、ややスローテンポで歌唱力が求められるPush 、Wish You Were Hereなどですね。
何度も聞きなをしましたが、特にこれと印象に残る曲はありませんでした。
私にとっては、肩の力を抜いてリラックスしながらなんとなく聞きたいときに最適なアルバムですね。






TOPへ戻る   直筆サインへ戻る