森山良子



A面 B面
この広い野原いっぱい 一番星の歌
PHILIPS FS-1006
P 1969


1967年、「この広い野原いっぱい」でデビュー。
当時、伸びやかで澄み切ったヴォーカルが、どこに行っても耳に入ってくる程の人気をはくしました。
デビュー時には、フォークのプリンセスがキャッチフレーズでしたが、フォークの女王へ瞬く間に上り詰めました。
このように、フォークソングの第一人者として脚光を浴びましたが、ジャズからウエスタンと幅広いジャンルをこなすシンガーです。
「この広い野原いっぱい」を聞くと、森山良子さんの好きだというジョーン・バエズを彷彿させられます。




プロモーション・レコード

 
 
 A面 マリエ
 B面 皆様お元気ですか?森山良子です
PHILIPS SNH-1001
P 1974





プロフィール
昭和23年、東京生まれ。
成城学園卒業
中学3年からクラッシックの声楽を学ぶ。
高校1年からジャズを叔父に師事、また、ウエスタン・バンド「ナッシュビル・ローファーズ」を結成。

趣味:読書、旅行
スポーツ:バスケット
好きな歌手:ジョーン・バエズ、ジュディー・ヘンスケ、ジョディー・ミラー
好きな色:白、ブルー、中間色
食べ物:好き嫌いなし



オフィシャルサイト





TOPへ戻る   直筆サインへ戻る