Vanessa Williams / ヴァネッサ・ウィリアムス / 直筆サイン


直筆サイン


Comfort Zone


 

アルバム・The Comfort Zone(コンフォート・ゾーン) 収録曲
  • 1.  The Comfort Zone  コンフォート・ゾーン
  • 2.  Running Back to You  ラニング・バック・トゥ・ユー
  • 3.  Work to Do  ワーク・トゥ・ドゥ
  • 4.  You Gotta Go  ユー・ガッタ・ゴー
  • 5.  Still in Love  スティル・イン・ラブ
  • 6.  Save The Best For Last  セイブ・ザ・ベスト・フォー・ラスト
  • 7.  What Will I Tell My Heart  テル・マイ・ハート
  • 8.  Strangers Eyes  ストレンジャーズ・アイズ
  • 9.  2 of a Kind  トゥー・オブ・ア・カインド
  • 10.  Freedom Dance (Get Free!)  フリーダム・ダンス
  • 11.  Just For Tonight  ジャスト・フォー・トゥナイト
  • 12.  One Reason  ワン・リーズン
  • 13.  Better Off Now  ベター・オフ・ナウ
  • 14.  Goodbye  グッドバイ
  • 15.  ライト・スタッフ(ノーマン・クック12”リミックス)
  • 16.  ラニング・バック・トゥ・ユー(DNA7”ミックス)

1996年11月25日発売
ポリドール - POCP-2530






The Sweetest Days 新掲載のお知らせマーク


 
1. Intro-Lude
2. The Way That You Love
3. Betcha Never
4. The Sweetest Days
5. Higher Ground
6. You Don't Have To Say You're Sorry
7. Ellamental
8. Sister Moon
9. You Can't Run
10. Moonlight Over Paris
11. Constantly
12. Long Way Home

P 1994
PolyGram Records


20年前にリリースされたアルバムです。
確かに時の流れを感じますが、ジャズフュージョンとR&Bが混在するサウンドとメロディをVanessa Williams / ヴァネッサ(バネッサ)・ウィリアムスが、曲に身をゆだね、ゆったりとリラックスして歌い上げた名盤だと思います。
特にお勧めは、The Sweetest Days 、Sister Moon ですね。






 
                             色紙に直筆サインで〜す。







プロモーション・CD


 ←アメリカ製宣伝盤CD


アーノルド・シュワルツェネッガーと共演した映画「イレイザー」のテーマ曲「愛のゆくえ」のアメリカ製プロモーションCD。
この曲では、映画「ボディーガード」の主題歌「オールウエイズ・ラブ・ユー」のプロデューサーだったデヴィット・フォスターを起用している。
ヴァネッサのヒューマンなヴォーカルを上手く引き出していて、素晴らしくスケールの大きな曲になっていると思う。

 宣伝シート↓






大阪ブルーノート

大阪ブルーノートがなくなる!とショッキングなニュースが耳に飛び込んできたのが5月の初旬でした。
1〜2ヶ月に1度は行っているので、また一つ楽しみが消えてしまいます。
慌ててブルーノートのスケジュールを見てみると、なんと2004年11月に大阪ブルーノート新店舗移転のオープニングを飾ったヴァネッサ(バネッサ)・ウィリアムスの公演があるではないですか。
これはなんとしても行かなくては・・・で、行ってきました。

ヴァネッサ(バネッサ)・ウィリアムスでまず思い出されるのは、アメリカの黒人としては初めてとなる83年のミス・アメリカ事件ですね。
ペントハウスでのヌードが露見し、タイトルを剥奪されました。
当時、この事件は話題になったものですが、そんなことはどうでもよろしい。
ステージに立ったヴァネッサは、思っていたより小柄でしたが、一度はミス・アメリカに輝いたプロポーションにみじんも崩れがなく、パーフェクト!とにかくお綺麗でした。

当日、16曲ぐらい披露してくれましたが、掲載しているCDにも収録されているヴァネッサの代表曲で、もっとも聴きたかった 
R&Bの傑作The Comfort Zoneと 美しいメロディーラインのSave The Best For Last には魅せられました。

曲目がわからないけど、ジャズのナンバーも数曲あって、バッキング・プレイヤーのセッションがステキだったな。。。



ブルーノートより。

●88年、1stアルバム「The Right Stuff」リリース。タイトルトラックをはじめ、「Dreamin」「Darling I」「He's Got the Look」のヒットでR&Bチャートに衝撃を与えた。ゴールド・ディスクとなり、ベスト・ニュー・アーティストを含むグラミー賞3部門にノミネートされた。
●91年、2ndアルバム「The Comfort Zone」をリリース。バラード・ナンバーを中心にエレガントな彼女の歌声をじっくりと堪能できる仕上がりで、全世界で大ヒットを記録、その人気を不動のものとした。また、アルバム収録の「Save The Best for Last」は世界の聴衆を魅了し、ヴァネッサの音楽キャリアの中で欠かせない存在となった。
●日本では94年に「Save The Best for Last」がTV-CMソン グに、96年に「Alfie」がドラマ主題歌となり大ヒット、その人気を決定付けた。
●また、ディズニーのアニメ「ポカホンタス」のテーマソング「Colors of the Wind」では、グラミー賞、ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞にノミネートされている。
●ブロードウェイ・ミュージカル(95年「蜘蛛女のキス」など)、映画(アーノルド・シュワルツェネッガー主演「イレイザー」、ヴァネッサ主演『ソウルフード』など)、TVなどで活躍する女優でもある。
●2004年11月、大阪ブルーノート新店舗移転のオープニングを飾る。今回が2度目の登場。





TOPへ戻る   直筆サインへ戻る