岩崎宏美


7インチレコードジャケットに直筆サイン


A面 すみれ色の涙
B面 ひまわり
Victor SV-7124

右と同じジャケットですが、サインに違いがあります。
こちらの方が、近年のものだと思います。


岩崎宏美さんは、育ちの良さを思わせる仕草や、清楚な容姿と卓越した歌唱力でバツグンの人気があった方です。
同じ年の桜田淳子、山口百恵さんに2年遅れの1975年に「二重唱」でデビュー。
アイドルとは、まずビジュアル的に現実離れした特別なものが求められる常識を根底から変えてしまった歌謡界の新星でした。
たっぷりとした声量、シベリアの大地のように広大な声域、過剰とも思える表現力の備わった驚異的なシンガーだと思ったものです。
アイドル歌謡の範疇を突き抜け、どこまでも聞き続けていたいと思わせる完成され切った本格派シンガーのデビューでした。
セカンドシングル「ロマンス」で第17回日本レコード大賞新人賞を受賞。
1977年に「思秋期」で第19回日本レコード大賞歌唱賞を受賞。
1981年にはこの直筆サインの入った「すみれ色の涙」で第23回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞しています。
しかし、個人的に宏美さんの最高傑作と思うのは1982年に火曜サスペンス劇場の主題歌になった「聖母たちのララバイ」です。
こればかりは、聴いて頂かないとどうしようもないですが、今回あげた代表作は時代を超え、今の人にも深い感動を与えうる名曲だと思います。





色紙にサイン



似顔絵が可愛いですね。
いかにも宏美さんの人柄が感じられ、数ある色紙の中でもお気に入りの一枚です。





通常盤EPレコード


A面 二重唱(デュエット)
B面 月見草
Victor SV-1225
P `75




A面 ロマンス
B面 私たち
Victor SV-1243
P `75




A面 センチメンタル
B面 そうなのよ
Victor SV-1257
P `75




A面 ファンタジー
B面 パピヨン
Victor SV-1271
P 1976




A面 未来
B面 夏からのメッセージ
Victor SV-6006
P 1976




A面 霧のめぐり逢い
B面 感傷時代
Victor SV-6038
P 1976




A面 ドリーム
B面 スイート・スポット
Victor SV-6123
P 1976




A面 思い出の樹の下で
B面 わたしの1095日
Victor SV-6171
P 1977




A面 悲恋白書
B面 愛をどうぞ
Victor SV-6193
P 1977




A面 熱帯魚
B面 夏のたまり場
Victor SV-6233
P 1977




A面 思秋期
B面 折れた口紅(るーじゅ)
Victor SV-6275
P 1977




A面 二十才前
B面 ザ・マン
Victor SV-6332
P 1978




A面 シンデレラ・ハネムーン
B面 南南西の風の中で
Victor SV-6449
P 1978




A面 あざやかな場面
B面 いちご讃歌
Victor SV-6429
P 1978




A面 さよならの挽歌
B面 夕暮れメヌエット
Victor SV-6501
P 1978




A面 春おぼろ
B面 吐息ばかり
Victor SV-6542
P 1979




A面 夏に抱かれて
B面 ラブ・アラベスク
Victor SV-6585
P 1979




A面 万華鏡
B面 泣きながら目覚めて
Victor SV-6630
P 1979




A面 スローな愛がいいわ
B面 白夜
Victor SV-6674
P 1980




A面 女優
B面 レンガ通りの恋人達
Victor SV-6717
P 1980




A面 胸さわぎ
B面 潮風の物語
Victor SV-7076
P 1981




A面 恋待草
B面 つぶやけば愛
Victor SV-7325
P 1981




A面 すみれ色の涙
B面 ひまわり
Victor SV-7124
P 1981




A面 聖母たちのララバイ
B面 赤い糸
Victor SV-7209
P 1982




A面 家路
B面 それぞれの朝
Victor SV-7209
P 1983

A面
B面 逃亡者
Victor SV-7418
P 1984

A面 決心
B面 夢狩人
Victor SV-9008
P 1985



オフィシャルサイト




CDでリリースされてますから、興味のある方は是非聴いてみてください!








TOPへ戻る   直筆サインへ戻る