Nina & Frederik
ニーナとフレデリック




LP

A面 B面
  1. LISTEN TO THE OCEAN
  2. SEVEN DAFFODILS
  3. MALADIE D`AMOUR
  4. REINCARNATION
  5. COUNTING COLOURS IN THE RAINBOW
  6. BEI MIR BIST DU SCHON
  1. MANGO VENDOR
  2. LITTLE BOXES
  3. JAMAICA FAREWELL
  4. GIN AND COCONUT WATER
  5. YOU CAN`T GO TO HEAVEN
  6. LET`S PUT OUT THE LIGHT
スウェーデン盤
discofoon 7063


デンマークの夫婦デュオです。
音楽活動は1950年代後半からで、1958年の公演旅行でブレイクしたようです。
特にイギリスで高い評価を受けました。
BBCとの独占契約とかロンドン・デイリー・ミラー紙では、「これまでの最も才能のある、最も音楽的なデュオ・グループ」と最大限の賛辞を送っているほどです。

しかし、私は、最近までこのデュオのことは知りませんでした。
掲示板に時々寄ってくださる方が、ニーナとフレデリックの黄色いEPジャケットを掲載してくれまして、しかも、殆ど詳細は書き込んでくれないという得体の知れなさが、妙に私の琴線に触れたので〜す。
また、この方から、「30年前から探しているけど見つからへん、なんとしてもこのLP盤を探し出せ!」とのミッションを頂いたこともあり、EP盤のモノクロのコピーを持って、関西と東京のレコードショップを片っ端から「このレコードのLPありませんか?」と巡礼をはじめたのが、1年以上も前のことです。
老舗のショップの親父さんでさえ、「遠い昔に見たことがあるような気がするけど、これ何者?」と逆に聞かれる始末で、若いショップのマスターなど相手にもしてくれませんでした。
しだいに「もうあかん!」と諦め始めたつい最近、思わぬところでこのLP盤を見つけました。
嬉しかったです。
手が震え、目頭が熱くなりました。
さて家に帰って、さっそく聞いてみたのですが、フレデリックの音楽性なのか?、60年代のサウンドではありますが、曲によってフォーク・ロック、ジャズ、ラテン・ナンバーと多彩な側面を見せてくれる仕上がりになっています。
今、1年以上の巡礼の成果が、私の耳に心地よく響いてきます。
まさに、使命を果たし終えた者だけが得られる至福のひとときですね・・・。
****さん、これでミッション・クリアーでお願いしま〜す。





EP

UNION RECORDS(テイチク)
US-270
メトロノームレコード(テイチク)
UP-248-E
A面 B面
エリザベス1世と2世 マイ・サマー・ラブ


EP盤に、黄色とブルーの2種類があるとの情報があり。
どう違うのか?調べる必要がある・・・かも?
と思っていましたが、気合いと根性でこの2枚を入手しました。
日本での発売元はどちらもテイチクですが、発売価格に違いがあって、黄色が370円、ブルーが400円です。
どうやら、黄色がオリジナルで、ブルーは再発盤のようですね。







TOPへ戻る   懐かしのレコードへ戻る