島倉千代子



 ← Side 1



 このピクチャー面には
 カッティングされていま
 せん。

昭和30年3月にデビュー曲「この世の花」が大ヒットしました。
その後もヒット曲を量産され、日本レコード大賞 特別賞などを受賞しています。
ちょっと年配の方なら誰でも知っている演歌の大御所ですね。
純真な子供のような心を持った方だそうで、ファンからは親しみを込めて「お千代ちゃん」と呼ばれています。
感情移入が強く、歌っているうちにステージで泣いてしまうことがあり、この「泣き節」は有名ですね。
本業は歌手ですが、映画や舞台など幅広い活動を続けられています。

     Side 2 →

   1.捧げる愛は

   2.この世の花




     MA-1009






直筆サイン


A面 ほれているのに
B面 アモーレ東京
コロムビア SAS-914
C 67.7







A面 大阪夜曲
B面 バラ色の風に乗って
コロムビア SAS-1015
C 67.11







A面 人生七ころび
B面 ちいさな愛の唄
コロムビア SAS-1669
P 73.3




A面 流し唄
B面 明日の別れ
コロムビア AA-79
P 74.10



掲載したレコードを一日かけて聞き込んでみました。
60年代の頃は、あたりまえだけど声が若い!
時代的なアレンジを感じますが、驚くべきことに、基本的な島倉千代子さんのスタイルは確立しています。
多少は流行を取り入れるけど、私のヴォーカルはこうなんだって姿勢にほとんどブレがないのです。
流行を追わない姿勢を貫くことは、容易ではないはずですが、島倉千代子さんはそれが出来たシンガーだったのです。
特別、脚光を浴びることはありませんが、ジワジワとファンを獲得し、その存在感を増してこられたのですね。
年を重ねるごとに唄の職人として上手さと磨きが加わり、今では「唄の巧み」と言えるのではないでしょうか?






通常盤EPレコード


A面 すみだ川
B面 築地明石町
コロムビア AK-544(SAS-1358)
P 77.3




A面 鳳仙花
B面 たそがれに
コロムビア AH-41
P 81.4




A面 ためいき橋
B面 命あずけて
コロムビア AH-281
P 82.12




A面 母子星
B面 しばれ酒
コロムビア AH-405
P 84.1




A面 恋椿
B面
コロムビア AH-406
P 84.1




A面 夢飾り
B面 あなたの小樽
コロムビア AH-516
P 1984.10




A面 人生いろいろ
B面 花ごよみ
コロムビア AH-820
P 1987.4




A面 夢・浪漫・NARA
B面 リラの頃・岬ホテル
コロムビア AH-829
P 1987.5




A面 ゆずり葉の宿
B面 恋瀬橋
コロムビア AH-5017
P 1989




A面 おんなの一生
B面 雨音
コロムビア AH-5075
P 1989

A面 この世の花
B面 里子月夜
コロムビア NK-71
P `77.9

A面 ほんきかしら
B面 愛のさざなみ
コロムビア NK-77
P `77.9






コンパクト盤


A面
  1. からたち日記
  2. 襟裳岬
B面
  1. 思い出さん今日は
  2. りんどう岬
コロムビア AE-3004
P `80.3



島倉千代子オフィシャルページ





TOPへ戻る    ピクチャーレコード7インチへ戻る