CoCo


プロモーションのEPレコードです。

A面 EQUALロマンス
B面 乙女のリハーサル
PONY CANYON SSP-52
A面 はんぶん不思議
B面 天使のチャイム
PONY CANYON SSP-91

A面 夏の友達
B面 思い出がいっぱい
PONY CANYON SSP-114

きちんとしたジャケットが無かったのか?
放送局の手書きジャケットになっています



あのおにゃんこクラブを生み出したテレビ番組「夕やけニャンニャン」の後を受けて、1989年に「パラダイスGOGO」という番組が始まった。
いわゆる乙女塾がスタートした歴史的?瞬間であった。

塾生の中からCoCo(宮前真樹、羽田惠理香、瀬能あづさ、三浦理恵子、大野幹代)、ribbon(永作博美、松野有里巳、佐藤愛子)、Qlair(今井佐知子、井ノ部裕子、吉田亜紀)、 中嶋美智代などの14人がプロ・デビューしましたが、私が好きだったのはアイドルポップスの正統派,、CoCoの5人組でした。
とくに三浦さんが。。。(^_^;)

いまCoCoのレコードを聞きながらこのコメントを書いていますが、音だけ聞いていると最近のJ−ポップスを聞き慣れた身には辛いものがあります。
CoCoに限ったことでなく、当時のアイドルものは、やたらにドラムがうるさくて、ヴォーカルが聞き取りにくいほどでした。

やはり、コンサートなどで、はつらつとした5人(4人かも?)が醸し出す、ビジュアルとサウンドが絡まり合い、ぶつかり合いながらエネルギーのウェーブが間欠的に押し寄せてくる心地よさ、安らぎなどが、一体になって光り輝くんだなと思います。





マイ・テレカ・コレクションから。


「春はCoCoから93」コンサートツアーテレカ



「CoCo夏93コンサート」ツアーテレカ



「春はCoCoから93」の追加ツアーテレカ



「春はCoCoから93」の追加ツアーテレカ



「春はCoCoから94」コンサートツアーテレカ



CoCoの解散記念にFCから送られたテレカです



「春はCoCoから94」コンサートツアーテレカ



宮前真樹さんのファーストソロ写真集
「Bagus!バグース」 の出版記念テレカ。
プレゼント当選品で限定300枚

大野幹代さんのテレカ(FCの会員証)
会員番号が印刷されています




三浦理恵子さんのテレカ(FCの会員証)
会員番号が印刷されています




宮前真樹さんのテレカ(FCの会員証)
会員番号が印刷されています




羽田惠理香さんのテレカ(FCの会員証)
会員番号が印刷されています








TOPへ戻る   プロモーションレコードへ戻る