にしきのあきら



EPジャケットに直筆サインです。
A面 風の街
B面 都会
ディスク番号:06SH-21


「スターにしきのあきら」さんの直筆サインです。
若い人のにしきのあきらさんに抱くイメージは、バラエティー番組などで、色々なことに果敢に挑戦する自称スターのおじさんかもしれませんね?
でも、正真正銘のスターです。(私は信じてま〜す)
1970年にデビューし、「もう、恋なのか」でレコード大賞最優秀新人賞を受賞しています。
この時は、野村真樹さんとの一騎打ち的な激しい賞取りレースだった記憶がありますが、この賞を受賞後にトップアイドルとしてテレビの歌番などによく出ていたし、映画俳優としても活躍されていました。
その知名度と裏腹なんですが、では代表作はなんなんだと考えてみると、「空に太陽がある限り」しか思い出せません、何故なんだ・・・
93年にバラエティー番組の「とんねるずの生でダラダラいかせて」のコンテンツだった「生ダラ・ダービー」で、スターにしきので突然の復活を果たしたんですね。


オフィシャルサイト





TOPへ戻る   直筆サインへ戻る