Andy Williams
アンディ・ウィリアムス

  ← Side 1

 
 
1. いつでもどこでも
 2.Let`s Dance
 3. すてきなそらを






 ジャケット表 ↓

アメリカのアイオワ州で1930年12月生まれだそうですから、もう73才になるんですね。
甘いボーカルで60年代に数々のヒット曲をリリースし、アメリカの国民的な歌手と言っていい程の人気があったんです。
ヒット曲には「カナダの夕陽」「ハワイの結婚の歌」「ムーン・リバー」「酒とバラの日々」「シャレード」「ある愛の詩」「ゴッドファーザーの愛のテーマ」、その他沢山ありました。
このピクチャーレコードは、味の素のコマーシャルソングをA面に3曲収録しています。
作曲は小林亜星さんで、楽しかったり、恋していたりする今日も明日もマイファミリー味の素という内容のよく似た曲を日本語でアンディが歌っています。
確かに、60年代には何処の食卓にも味の素が何時も置いてあり、おかずがなんであってもふりかけて食べたものです。
また、味の素を食べると頭が良くなるという風説を聞きつけ、母親が刺身などに大盛りで味の素を振りかけ、ほとんど強制的に食べさせられたこともあったな。。。
B面は、十八番の「ハワイの結婚の歌」で、タキシードに蝶ネクタイや背中の開いたドレスの人たちが集まるクラブなどにピッタリな、スローテンポのスイートな曲です。
でも、最近の若い人は、かったるい懐メロと聞こえるかもしれませんね?

  ジャケット裏 ↑





  ← Side 2

  The Hawaiian Wedding Song




 味の素 AJ-5 (非売品)





TOPへ戻る    ピクチャーレコード7インチへ戻る