滝 里美


EPジャケットに直筆サインです。


A面 あなたの女で待ってます
B面 夜の水中花

見本盤
TEICHIKU RE−814

A面 今度逢ったらふってやる!
B面 よろめいて港町

見本盤
TEICHIKU RE−869



A面 いでゆ橋
B面 なみだ酒

見本盤(ポスターを折ってジャケットに流用)
TEICHIKU T9−6−5



結構人気があったシンガーのようですが、当時、私が演歌にほとんど興味を持てなかったので、見ているし聴いてもいるのでしょうが、ほとんど記憶がないのです。

この3枚のシングルを聴いてみると、古賀政男風のスローテンポの演歌から、ポップス風のミドルテンポな曲まで、爽やかに歌っています。
個人的には、ビートの効いた「今度逢ったらふってやる!」が気に入りました。

ネットで検索したら、次のようなことがわかりました。

1. 元看護婦さん。何故か看護婦さんて歌が上手い人が多いです。仕事柄か、カラオケ慣れしてるって感じですね?
2. 1983年10月〜1984年3月まで毎日放送の「里美・仁美・有希子の何かいいことないか子猫ちゃん」に岡田有希子(アイドルデビュー)さん達とともにパーソナリティーを務めた。
3. 「東京ジンタ」でアイドル演歌歌手としてレコード・デビュー。
4. 87年(S62年)4月〜'89年(H元年)4月まで月曜の担当でTBSの深夜ラジオ「歌うヘッドライト」のパーソナリティーを務める。
5. 過激(命がけ?)なプロモーションで話題になったことがある。滝に打たれながらの新曲発表会、男湯にバスタオルを巻いて混浴、富士山五合目でドラム缶風呂につかりながら「いでゆ橋」(30万枚のセールスを記録)の新曲発表会、着物を着たままプールに飛び込み歌った。
キャンペーンは刺すか刺されるかの真剣勝負だが、デインジャラスな演出に凄味を感じます。
6. 現在は温泉ホテルのディナーショウなどで音楽活動をしています。






通常盤EPレコード


A面 東京ジンタ
B面 おたがいさまよ
テイチクレコード RE-615




A面 ごめんなさいね
B面 フ・ラ・レ・たことがあるかしら
テイチクレコード RE-638




A面 なんて夜だろう
B面 チェリーの女
テイチクレコード RE-663




A面 通り雨
B面 さいはて岬
テイチクレコード RE-716

A面 ちいさな酒場
滝里美
B面 ふたりの小樽
西山ひと美
テイチクレコード RE-615
カップリング・レコードです。





TOPへ戻る   直筆サインへ戻る