キャプテン・ウルトラ


  ← Side 1

 
  
キャプテンウルトラ






 ジャケット表 ↓

A面の「キャプテン・ウルトラ」がオープニング・ソングで「ハックとジョー」は挿入歌です。
後期になると、オープニングテーマが「宇宙マーチ」と変わってしまったようです。
この番組は、円谷制作でカリスマ的人気を誇る「ウルトラマン」の後番組、「ウルトラセブン」の前番組として東映により制作されました。
1967年4月16日から9月24日までの毎週日曜日のPM7時〜PM7時30分(タケダアワーとも呼ばれています)に全24話で制作放映されたんです。
東映のニューファイスと呼ばれる若手からベテランの大部屋俳優さんが大勢出ていて、キケロ人のジョー役をしたのがなんと小林稔侍さんです。
高見エミリーさんも出演してましたね。
ストーリーは、太陽系に進出した人類を襲うバンデル星人と戦うキャプテンウルトラとロボット・ハック、キケロ人・ジョー、シュピーゲル号などが活躍する空想スペース・オペラで、ジョージルーカスの「スター・ウオーズ」の遙か先を行く先進性が見事といえば・・・・言い過ぎですね。



  ジャケット裏 ↑





  ← Side 2

  ハックとジョー




  コロンビアレコード
  PSB−21





TOPへ戻る    ピクチャーレコード7インチへ戻る