黒沢年男


 ← Side 1

  • このピクチャー面には、収録されていません。
    カッティングされた溝がないですから、写真が綺麗に見みえます。







 レコードジャケット表 ↓

現在は俳優、歌手、TVバラエティーなど、マルチな芸能活動をされていますから、お馴染みですよね。
若い頃は、キャバレーのバンドマン、訪問販売セールスマン、ウエイター、トラックの運転手などを経験したそうですから、ハードだな。
演技の渋さや深みは、デビュー前の色々な経験が生きているんですね。
1964年の東宝映画、第4期ニューフェイスに合格し、これが芸能界入り のきっかけとなりました。。
スクリーンデビューは、美空ひばり、江利チエミ、雪村いずみさんが主演した「三人よれば」です。
歌手としても、78年に大ヒットした「時には娼婦のように」が、第11回日本有線大賞有線音楽賞を受賞しました。
このピクチャー・レコードには2曲が収録されていますが、聞いた感じは加山雄三系の60年代ポップスを連想して頂いたら近いかな?
結構、低音部が渋いです。
まあ、こんな時代があったんだと郷愁を感じました。
個人的には忘れがたい曲ではあります。

 ← Side 2


  1. 俺は行く
  2. 海の子守歌




 COLUMBIA RECORD
 CR-1004

 C 69


黒沢年男オフィシャルサイト





TOPへ戻る    ピクチャーレコード7インチへ戻る