松山恵子





私が音楽に興味を持ち始めた頃には、松山恵子さんの全盛期は終わっていました。
ですから、その当時のことはわかりませんが、親父やお袋に聞いたところ、ちょうど今の浜あゆさんやヒッキーの様な感じだったそうです。
デビューされてから数十年の時が流れ、絶えず刺激と変化を求めて音楽の世界もすっかり変わりました。
でも、変わらないもの、変わる必要のないものがあります。
恵子さんの歌の世界は、がっしりとした土台の上に確立され、流行などどこ吹く風とみじんも揺らぐことがない、その様な気がしています。
元々は東京の千住生まれだそうですが、幼少時に愛媛県の宇和島市に転居されました。
偶然見た美空ひばりさんの公演に衝撃を受け、歌手に憧れたそうです。
中学2年の14歳の時、コロムビア・レコードのオーディションに四国代表として出場し、全国大会10位になっていますから、才能が開花しはじめた時期だったのでしょう。
54年にはマーキュリーレコードの全国大会で優勝し、歌謡界デビューの切符を実力で掴み取ります。
町を歩いていたら、偶然スカウトされたっていうのとはわけが違うんですね。
マーキュリーレコードから、「マドロス娘・宵待ワルツ」でデビューしたのは17歳の時でした。
その後、ヒット曲を量産し、マーキュリー・レコードの看板歌手として大輪の花を咲かせます。
ヒット曲には「お別れ公衆電話」、「未練の波止場」、「だから云ったじゃないの」、「思い出なんて消えっちゃえ」、「アンコ悲しや」他がありますが、私の記憶にあるのは「お別れ公衆電話」、「だから云ったじゃないの」、「アンコ悲しや」ですね。
今でも現役で、TVのなつメロ番組などで元気な姿を拝見しています。
懐かしい歌を聴けることはもちろんですが、総重量が20〜30キロにもなるという、豪華絢爛なドレスを見るのも楽しみの一つです。
古くから恵子さんをよく知るファンの方々の話ですと、とにかくきどらず、かざらない人柄の良さと、ファンを大切にする姿が好きだと言うことです。
これって当たり前の話で基本なんですが、これが出来ない芸能人が多すぎる気がしています。





シングル・レコード


A面 どどいつ波止場
B面 勝負
Toshiba TR-1001




A面 仁侠河内くずし
B面 恋暦
Toshiba JP-1637




A面 東京の流れ星
B面 女の旅路
Toshiba TP-1030




A面 女の坂道
B面 空港の女
Toshiba TP-1037




A面 かもめ小唄
B面 涙の旅路
Toshiba TP-1075




A面 五條坂の女
B面 別れのシングル・タイマー
Toshiba TP-1111




A面 お別れ公衆電話
B面 東京なんて何さ
Toshiba TP-10064




A面 うちの人
B面 縁むすび
Toshiba TOKT-2492
P 1990



A面 鳩よ
B面 平和への祈り
Toshiba RT07-2115
P 1988



A面 死ぬほど好きな人だもの
B面 哀しい恋はもうしない
Toshiba 4RS-1515




A面 だから云ったじゃないの
B面 裏町人生
Toshiba TP-10221




A面 お酒が欲しいね
B面 港のお馬鹿さん
Toshiba TP-17770
P 1985



A面 別れの入場券
B面 泣いたって駄目さ
Toshiba TP-10061





コンパクト・レコード


A面
  1. 別れの入場券
  2. 哀愁の駅
B面
  1. お恵ちゃんの”婦系図”
  2. 母恋三度笠
Toshiba TP-4022




A面
  1. 酒場小唄
  2. 花笠月夜
B面
  1. 十九の浮草
  2. やくざ太鼓
Toshiba TP-4059




A面
  1. ひなげし小唄
  2. お別れ改札口
B面
  1. 惚れて惚れて
  2. 女の桟橋
Toshiba TP-4046





松山恵子オフィシャルサイト





TOPへ戻る   直筆サインへ戻る