吉田美奈子



昭和48年の「扉の冬」以来、彼女の歌に参っています。
このレコードで共演している松岡直也については、当時も今も良く知らないけど、美奈子の名前を見て発作的に買ってしまいました。
彼女は、レコードデビューの時から、抜群の歌唱力と表現力があり、声に独特の艶がありました。
買ったばかりのレコードを聴きながら、次の発売が待ちきれなかったことが、懐かしく思い出されます。
少し心残りなのは、真価が発揮されるライブを見ていないことですね。





TOPへ戻る   カラー・レコードへ戻る