松任谷 由実


最後の嘘

プロモCDジャケット表 プロモCDジャケット裏

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. 最後の嘘
1. 最後の嘘
2. 忘れかけたあなたへのメリークリスマス
3. 最後の嘘(オリジナル・カラオケ)
忘れかけたあなたへのメリークリスマス(同)


歌詞が、歌曲で使われているサックスとピアノと上手くシンクロして、どことなく哀愁を感じさせる。
しかし、気のせいかもしれないが、以前のような感覚的な作品と違って、頭で考えたというか、理屈っぽい感じがしました。
曲は、一連のユーミンサウンドでファンの期待を裏切らないレベルと思います。





PARTNERSHIP

プロモCDジャケット表 プロモCDジャケット裏 通常盤のCDジャケット。

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. PARTNERSHIP
1. PARTNERSHIP
2. So long long ago
3. PARTNERSHIP(インストゥルメンタル・ヴァージョン)



 ↑ のプロモーションカセット

プロモ・カセットジャケット表 プロモ・カセットジャケット裏 通常盤のCDジャケット。

収録曲
1. PARTNERSHIP
2. So long long ago
3. PARTNERSHIP(インストゥルメンタル・ヴァージョン)


シドニーオリンピックのイメージソングとして作られたせいか?ユーミンの曲って感じがしませんでした。
低音を主体に狭い音域で成立させ、意図的に声をコントーロールしている感じです。
曲はピアノの弾き語りのスタイルで、それをイメージしたジャケットのフォートは最高です。





Cowgirl Dreamin

プロモCDジャケット表 プロモCDジャケット裏 通常盤のCDジャケット

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. ありのままを抱きしめて
2. カウガール・ブルース
3. 告白
4. ムーンライト・レジェンド
6. 別れのビギン
1. ありのままを抱きしめて 6. 忘れかけたあなたへのメリークリスマス
2. カウガール・ブルース 7. ミッドナイト・トレイン
3. 告白 8. 最後の嘘
4. ムーンライト・レジェンド 9. コールド・ゲーム
5. 別れのビギン 10 まちぶせ


通常盤のジャケットのユーミン、ポーズも決まって素敵だな。
プロモ盤も負けずに・・・テキストだけです、がっくり。
ユーミンのフォートを使ったプロモ盤もあるようなので、そちらが欲しかった。

荒井由実さんがデビューしたのは、1972年のシングル「返事はいらない」でしたが、私がユーミンの名前を聞いたのはセカンドシングルの「ひこうき雲」でした。
音程が不安定で声量もあるとはいえないこの新人歌手にグイグイ引き込まれて、1日中、聞いていたな。
女性にしか表現できない、どことなくセンチメンタルでフワフワした綿菓子のような歌詞が新鮮だったのかもしれません。
また、当時はハイソなイメージのサーフィンやスキー、シティードライブなどのトレンドを押さえた感性が、時流に乗ったのかもしれないですね。
歌謡史に残る名曲も多いです。
ユーミンの功績に、ちょうどこの頃から、女性のシンガーソングライターが、ニューミュジック・シーンに登場し始めますから、まさに草分け的な存在である点も忘れてはいけないでしょう。
バックでプレイするキャラメルママの洗練されたテイストと、ユーミン独特の甘口のボーカルがベストマッチングしていて、いまだに古さを感じさせないのが本物の証拠です。
OL(死語か?)など、女性の熱狂的支持を集め、カリスマ的な人気を維持し続ける驚異の才能に乾杯!





真夏の夜の夢

プロモCDジャケット表 プロモCDジャケット裏

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. 真夏の夜の夢
1. 真夏の夜の夢
2. 風のスケッチ
3. 真夏の夜の夢のカラオケ


このジャケットは、メチャいけてます!と思う。
「ラテン・歌謡と言ってしまいたい!」アレンジがされた曲と情熱的な歌詞を完璧にイメージしています。
テレビドラマ「誰にも言えない」の主題歌としても使われました。
初期の頃は、スイートで少女趣味的な私的世界観を歌うことが多かったユーミンですが、90年代になってから、もっとドロドロした感情をストレートに楽曲にし始めました。
内向きのこぢんまりした詩世界から、感情を強烈にぶつけるリアリティーが加わることで、ドラマ性とスケール感が増してきたような気がします。





7TRUTHS 7LIES 〜ヴァージンロードの彼方で

プロモCDジャケット表 プロモCDジャケット裏 通常盤のCDジャケット。

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. 7TRUTHS 7LIES 〜ヴァージンロードの彼方で
1. 7TRUTHS 7LIES〜ヴァージンロードの彼方で
2. Song For Bride
3. TUXEDO RAIN
4. ANNIVERSARY



↑ のプロモーションカセット

プロモ・カセットケース表 プロモ・カセットケース裏 通常盤のCDジャケット。

プロモカセット収録曲
1. 7TRUTHS 7LIES 〜ヴァージンロードの彼方で
2. Song For Bride
3. TUXEDO RAIN
4. ANNIVERSARY
TOCT-22150


通常盤は、ウェディング・ナンバーを集めたシングルですから、ハートを赤と青の二色に分けて、中心で色が重なり合うしゃれたデザインになっています。
このプロモ盤CDとカセットでは・・・・・控えめなテキストだけですね。

収録曲はプロモ盤CDで通常盤シングルの「7TRUTHS 7LIES〜ヴァージンロードの彼方で」から同名の曲を1曲のみカッティングしています。
プロモカセットと通常盤CDでは同じです。

テレビドラマ「ムコ殿」の主題歌としても使われていますが、ドラマティックでスケール感のある歌です。
自分に忠実に戦う女性をイメージしているのでしょう、すっごくリアリティーがあって、圧倒されました。





幸せになるために

プロモCDジャケット表 プロモCDジャケット裏 通常盤のCDジャケット。

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. 幸せになるために
1. 幸せになるために
2. TWINS
3. 幸せになるために(インストゥルメンタル・ヴァージョン)



↑ のプロモーションカセット

プロモ・カセットケース表 プロモ・カセットケース裏 通常盤のCDジャケット。

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. 幸せになるために
TOCT-4270
1. 幸せになるために
2. TWINS
3. 幸せになるために(インストゥルメンタル・ヴァージョン)

幸せになるために」は、「ウンナンのホントコ!」のテーマソングでした。
刹那的な再会と別離をセンチメンタリズム→ナルシズムの世界観で作詞されていますが、これが詩的で胸にジーンときます。
聴く人の人生に合わせて色々な解釈ができる柔軟性とリアリティーが、「みごと!」と言うしかない。
聴いて、聴いて、聴き倒してください。
歌詞の一つ一つが実に味わい深くて、新しい発見と感動が湧いてきます。





ディスコグラフィー


シングル アルバム
72.07.05 返事はいらない
73.11.05 きっと言える
74.04.20 やさしさに包まれたなら
75.10.05 12月の雨
75.02.20 ルージュの伝言
75.10.05 あの日にかえりたい
76.03.05 翳りゆく部屋
77.05.05 潮風にちぎれて
77.11.05 遠い旅路
78.03.05 ハルジョオン・ヒメジョオン
78.07.20 入江の午後3時
78.10.05 埠頭を渡る風
79.06.20 帰愁
80.03.20 ESPER
80.05.21 白日夢・DAY DREAM
80.08.05 星のルージュリアン
81.06.21 守ってあげたい
81.11.01 夕闇をひとり
83.08.25 ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ
84.02.01 VOYAGER
85.06.01 今だから
85.08.01 メトロポリスの片隅で
87.11.05 SWEET DREAMS
89.06.28 ANNIVERSARY〜無限にCALLING YOU〜
92.11.09 愛のWAVE
93.07.26 真夏の夜の夢
94.07.27 Hello. my friend
94.10.24 春よ、来い
95.11.13 輪舞曲(ロンド)
96.07.15 まちぶせ
96.10.16 最後の嘘
97.01.29 告白
97.11.12 Sunny day Holiday
99.11.03 Lost Highway
00.09.20 PARTNERSHIP
01.01.11 幸せになるために
01.04.25 7 RUTHS 7 LIES〜ヴァージンロードの彼方で
73.11.20 ひこうき雲
74.10.05 MISSLIM
75.06.20 COBALT HOUR
76.06.20 YUMING RAND
76.11.20 THE 14th MOON
77.12.25 ALBUM
78.03.05 紅雀(べにすずめ)
78.11.05 流線形'80
79.07.20 OLIVE
79.12.01 悲しいほどお天気
80.06.21 時のないホテル
80.12.01 SURF & SNOW
81.05.21 水の中のASIAへ
81.11.01 昨晩お会いしましょう
82.06.21 PEARL PIERCE
83.02.21 REINCARNATION
83.12.01 VOYAGER
84.12.01 NO SIDE
85.11.30 DA・DI・DA(ダ・ディ・ダ)
86.06.25 YUMING VISUALIVE DA・DI・DA
86.11.29 ALARM a la mode
87.12.05 ダイアモンドダストが消えぬまに
88.11.26 Delight Slight Light Kiss
89.11.25 LOVE WARS
90.11.23 天国のドア
91.11.22 DAWN PURPLE
92.11.27 TEARS AND REASONS
93.11.26 U-miz
94.11.25 THE DANCING SUN
95.12.01 KATHMANDU
96.12.07 Yumi Arai The Concert with old
97.02.27 Cowgirl Dreamin
97.12.05 スユアの波
98.11.06 Neue Musik YUMI MATSUTOYA COMPLETE BEST VOL.1
99.11.17 Frozen roses
01.06.06 acacia
01.11.14 sweet, bitter sweet YUMING BALLAD BEST
02.11.20 Wings of Winter,Shades of Summer


松任谷由実オフィシャルサイト



このページも見てね!

acacia tour 2001 私のYUMING
プロモーションレコード 直筆サイン





TOPへ戻る    プロモーションCD(邦楽)へ戻る