富士通製モバイルノートLOOK S8/70



標準バッテリーのノーマル ロングライフなバッテリーパックLを装着した外観



このパソコンは、FMV LOOX S8/70という小型のノートパソコンです。
昨年(2001)の12月に買いました。
旅先でも必要な個人情報を持ち歩きたい。
でも重いのはイヤよって勝手気侭な要求を満たしてくれるスペックに惚れ込んで、衝動買いしてしまったのです。
チップはCrusoe700MHz,メモリ128MB,231*149.5*26.5mm 880gの超軽量、8.9型ワイドXGA(1024*600),30Gのハードディスク,標準バッテリー稼働時間5時間。
ねっ、いけてるスペックでしょう。
実際には、ハードデスクは10G近くアプリケーションのインストールで使われていますから、CDのコピーに使える容量は最大で20Gぐらい。
つまりMP−3などで圧縮すれば、5000〜8000曲はコピーが可能です。
この壮絶な数字を見ると、携帯ジュークボックスの世界ですね。
でも、私のマシーンにはLPで20枚程度、300曲ぐらいしか入れていません。
数日程度の旅行なら、これでも十分すぎますから。
問題は、バッテリーですね。
公称5時間の標準バッテリーで、音楽だけ聴いていても2.5時間で電池が切れてしまいます。
大坂と東京間が、のぞみならいけますが、ひかりではタイムアウトとなってしまいます。
これまでは充電器を持ち歩く必要がありました。
最近、この問題を解決するために、内蔵バッテリーパックLを購入しました。
この大型バッテリーを装着すると、重量は1005gとなります。
わずか125gの増加に過ぎませんが、肩にかけた時の重量感は・・・・・はっきり体感できるほどとなります。
これでも、まだまだA4,A5サイズのノートパソコンとしては、超軽いレベルなのですが、他に荷物が出来るとじわじわ効いてきそうな気がしています。
それと、公称で10時間連続使用が出来るとのことですが、さて何時間もつことやら。
じゃまな充電器を家において、外泊チャレンジのタイミングをうかがっているところです。
この結果は、使ってみてご報告したいと思います。

あっ、書き忘れるとこでした。
OSにWin XPが入っているんですが、メモリーが128MBなのが苦しいのか?起動がやけに遅いのです。
コーヒー入れて、すすってるヒマがあるぐらい時間がかかります。
それと、このサイズと重さでも、町中を歩きながら使うっていうのは、無謀ですね。
落としたり、ぶつけたりする可能性もあるし、あくまで大切な情報を大量に持ち歩き、インターネットなどにもアクセスする必要があるときに、ついでだから音楽も聞いてみるか!というのが正しい使い方のようです。





TOPへ戻る   音楽を持ち歩こうへ戻る