花*花


なんと6月から花*花が音楽活動を休止してしまいます。
今後はソロ活動をしながら充電期間をおくということだけど、実質的に解散か?
解散や引退はいつか来るし、仕方がないと思っているけど、寂しいよ〜。



LONELY GIRL

プロモCDジャケット表 通常盤CDジャケット

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. LONELY GIRL (シングル候補曲)
2. ポロポロ (シングル候補曲)
3. 風鈴 (シングル候補曲)
4. カプチーノ (シングル候補曲)
5. 植物園北門前 (シングル候補曲)
1. LONELY GIRL
2. ポロポロ
3. カプチーノ
4. 植物園北門前(ファンク・ヴァージョン)


これは13thのプロモーションCDですが、5曲収録されていて、全てシングル候補曲と但し書きがついています。
実際、通常盤では「風鈴」が削除されて4曲の収録となっていますから、このプロモでしか聴けない曲になっているようです。

タイトル曲の「LONELY GIRL」は77年にA・ゴールドがリリースした「LONELY BOY」のカバー曲のようですが、花*花の素朴でまったりとした素直さが生かし切れていないようで、ちょっと当てはずれな気がしました。
通常盤ではボツになった「風鈴」は、沖縄の民謡風にアレンジした様な曲で、花*花の新たな一面が垣間見れる良い曲だと思うのだけど、なぜカットしちゃったんでしょうね?
残りの3曲は、二人のハーモニーが、ほのぼのと暖かい素直な曲作りになっていて、ファンの方は安心して聴ける曲だと思います。





spice

プロモCDジャケット表 プロモCDジャケット裏 通常盤CDジャケット

収録曲
1. 恋が育った休日 7. あなたへ…
2. 幸せのうた 8. 恋するトマトソース
3. ばんそうこう1枚 9. 愛する人よ
4. 1人 10. ハナムケノハナタバ
5. 愛を少し語ろう 11. やっぱり!
6. 秘密基地 12. スープ

VCS-75


プロモ盤も通常盤もきれいなレモンイエローを使っていますが、プロモ盤はやはりシンプルなテキストのみで寂しいですね。
収録されている曲は同じです。

デビュー3年目ですから、さすがにゆとりを感じます。
一つ一つの曲が気持ちよく安心して聞けるって感じですね。
ぴったりと呼吸のあったこじまいづみさんとおのまきこさんのデュエットも絶好調で、花*花はだんだん独自の音楽世界を作り始めましたね。
バックにクラシックの要素やブラスバンドなどを取り入れていて、落ち着いた雰囲気が実に良い、じっと聞き入ってしまいました。
成長をしているなって実感できるアルバムです。





愛を少し語ろう!

プロモCDジャケット表 プロモCDジャケット裏 通常盤CDジャケット

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. 愛を少し語ろう
2. ばんそうこう1枚
1. 愛を少し語ろう
2. ばんそうこう1枚
3. 愛を少し語ろう(instrumental)
4. ばんそうこう1枚(instrumental)


5thシングルです。
「愛を少し語ろう」は、花*花特有のマシュマロみたいに柔らかで甘すぎる程のフレイバーがある意味心地よい恋愛観に満たされています。
「ばんそうこう1枚」は、ハードなオケに助けられているって感じの曲で、特にコメントすることはありません。





やっぱり!

プロモCDジャケット表 プロモCDジャケット裏 通常盤CDジャケット

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. やっぱり!
2. タイトル未定
1. やっぱり!
2. あなたへ…
3. やっぱり!(インストゥルメンタル)
4. あなたへ…(インストゥルメンタル)


プロモ盤では、タイトル未定となっていますが、通常盤では「あなたへ・・・」とタイトルが付いています。
こんなところがプロモの面白いところですね。
この2曲は、若い女性らしいスイートでドリーミーなロマンティズムと私小説的な歌詞に、爽やかで元気一杯のヴォーカルがハモっていて、清涼感が蒸し暑い今の時期にはピッタリの曲だと感じました。





ハナムケノハナタバ

プロモCDジャケット表 プロモCDジャケット裏 通常盤CDジャケット

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. ハナムケノハナタバ
VCS-55
1. ハナムケノハナタバ
2. 秘密基地
3. ハナムケノハナタバ(インストゥルメンタル)
4. 秘密基地(インストゥルメンタル)


花*花のプロモ盤は、とにかくテキストのみの構成でシンプルです。
プロモだからこれでよいのかも。。。
プロモ盤の収録曲も、ジャケット同様に一曲のみのシンプルさです。
通常版では、「ハナムケノハナタバ」と「秘密基地」の2曲とそれぞれのinstrumentalの合計4曲が収録されていますが、このプロモーション盤には「ハナムケノハナタバ」の1曲しか収録されていませ〜ん。

作詞作曲はこじまいづみさんで、いかにも花*花らしいと思える、優しく気持ちの良いメロディーを聞かせてくれます。
息のあった2人のハーモニーが心地よいですね。





あ〜よかった

プロモCDジャケット表 プロモCDジャケット裏 通常盤CDジャケット

プロモ盤収録曲 通常盤収録曲
1. あ〜よかった
2. ずっと一緒に
3. ひまわりの花
4. さよなら大好きな人
5. 赤い自転車
VCS-30
1. あ〜よかった
2. ずっと一緒に
3. ひまわりの花
4. あ〜よかった (instrumental)
5. ずっと一緒に (instrumental)


VCS-30


う〜ん、通常盤の爽やかで華やかなイメージのジャケットに比べ、プロモ盤は黒字のテキストのみという素っ気なさ。(ガクッ)
収録曲には大きな?違いがあります。
通常版には収録されていない「さよなら大好きな人」が4曲目に収録されています。
逆に、通常版に収録されている「あ〜よかった」と「ずっと一緒に」のinstrumentalは未収録となっています。

花*花は、音楽専門学校で知り合った、こじまいづみさんとおのまきこさんのツインボーカルのユニットです。
このCDに納められている「あ〜よかった」で、突然Jーポップスのシーンに躍り出てきました。
CDをじっくり聞いていると、フォークからポピュラーなどの要素が結構あって、歌が、リズムがスイングしているって気がします。





プロモーション・カセット

雨の雫

プロモ・カセットケース表 プロモ・カセットケース裏

収録曲
1. 雨の雫
2. 空の青

AZDS 10006





ディスコグラフィー

シングル アルバム
98..11.27 〜こたつと毛ガニの巻〜
99.01.22 アドバイザー
99.03.26 雨の雫
99.04.23 赤い自転車
99.06.04 あ〜よかった
99.11.26 ずっと一緒に
00.07.26 あ〜よかった(setagaya−mix)
00.10.25 さよなら大好きな人/愛する人よ
01.02.21 ハナムケノハナタバ
01.05.23 やっぱり!
01.08.08 愛を少し語ろう
02.01.01 涙のチカラ
02.07.24 LONELY GIRL
99.06.25 11Songs
00.07.26 11songs(+4)
00.10.25 2souls
01.09.27 spice
02.09.26 リンゴとクローバー
03.02.13 コモリウタ
03.08.20 FOOT PRINT〜花*花WORKS 2000−2003


オフィシャルホームページ





TOPへ戻る   プロモーションCD邦楽へ戻る