サザンオールスターズ



祝 デビュー25周年



1: 限定のCDボックス

この6月25日で、サザンデビュー25周年じゃ!
アニバサリーとして発売されたのがこの25万個(すげー!)限定のCDボックスなんじゃが、1日フライングで今日手に入れてきた。
アナログレコード7インチも同時発売じゃが、それは明日ゲットの予定じゃ。(あると良いがのう・・・)
CDボックスを開封するのはためらいもあったが、中に入っているものを見ずになんとしょう。
永久保存の方々のために、思い切って開けてみたのがこれじゃ。

売り切れ必至かもしれんから、サザンファンはレコードショップに急げよ!!



開封前のボックス。

中に入っていたCD
収録曲はデビューシングルと同じ2曲にカラオケを加えた3曲。

1. 勝手にシンドバッド
2. 当って砕けろ
3. 勝手にシンドバット(instrumental)



ジョギングシャツ




サンバホイッスル





2: 7インチ・アナログレコード

EPジャケット レーベル

25年前のデビューシングルとなった発売時と同額の600円です。
予約で完売のショップがかなりあったから、数が少ないのかも?
オリジナル盤を持っていれば必要ないかもしれませんが、そうでない人はぜひ!








1,Suika

発売日:1989/08/20


このCDが発売された89年の頃は、アナログレコードからCDに大きく針が振れた時期ですね。
CDプレイヤーは持っていたんですが、CDの音にまだ違和感を感じていました。
使っていたオーディオ装置がアナログ向きの設定だったのが原因だったと思います。
ショップでこの初回限定のスイカを買おうか迷ったあげく、やめてしまいました。
必要になれば、中古で買えばよいと考えたんです。
愚かでした。
その後どれだけ悔やむことになったか。
数年かけてCD向きにオーディオのチューニングをして、何とか納得のいく音が出るようになったので、スイカを中古ショップに買いに行ったんですよ。
何軒ものショップを回ったんですが、ショックでした。
信じられないプレミヤが付いていて、しかも、パンツとかパンティーが欠落しているものばかりで、完品と呼べるものがほとんど無く、カンも気になる傷やへこみなどがあったりで諦めてしまいました。
あれから10年、やっとこのすいかCDをゲットできました。
初めてCDを聞きましたが、70〜80年代のサザンの総決算といえるすばらしいベスト盤ですね。
一つ一つの歌に青春の思い出がぎっしりと詰まっていて、甘酸っぱい懐かしさと、少しばかりの胸の痛みを感じます。
全く意識はしていなかったけど、毎日の生活の中にサザンの歌が大きくは入り込んでいたんですね。

このカンケースには、4枚のCDとスイカ柄のパンツパンティーが封入されています。



カンケースを開けたところです。
下の蓋も開きますから、両面開きです。



すいかの帯です。




封入されていたスイカ柄のパンツです。

封入されていたスイカ柄のパンティーです。

Disc 1

01.勝手にシンドバッド
02.別れ話は最後に
03.当って砕けろ
04.恋はお熱く
05.瞳の中にレインボウ
06.女呼んでブギ
07.お願いD.J.
08.思い過しも恋のうち
09.Let It Boogie
10.いとしのエリー
11.タバコロードにセクシーばあちゃん
12.私はピアノ
13.涙のアベニュー

Disc 2

01.C調言葉に御用心
02.I AM A Panty
03.青い空の心
04.いなせなロコモーション
05.ジャズマン
06.ひょうたんからこま
07.わすれじのレイドバック
08.シャ・ラ・ラ

09.ごめんねチャーリー
10.My Foreplay Music
11.朝方ムーンライト
12.BIG STAR BLUES
13.栞のテーマ

Disc 3
01.夏をあきらめて
01.夏をあきらめて
02.流れる雲を追いかけて
03.匂艶THE NIGHT CLUB
04.逢いたさ見たさ病めるMy Mind
05.女流詩人の哀歌
06.Ya Ya
07.シャッポ
08.ボディスペシャルU
09.マチルダBABY
10.かしの樹の下で
11.そんなヒロシに騙されて
12.Never Fall In Love Again
Disc 4
01.JAPANEGGAE
01.JAPANEGGAE
02.ミス・ブランニュー・デイ
03.あっという間の夢のTonight
04.シャボン
05.海
06.愛する女性とのすれ違い
07.死体置場でロマンスを
08.HAPPY BIRTHDAY
09.MELODY
10.吉田拓郎の唄
11.鎌倉物語
12.Bye Bye My Love






2,happy




(1995に発売された予約限定のCDです
一見すると、まるで某洗剤みたいな箱に入っています。
構成は3枚組のベストCD盤3枚で、16 曲×3の全 48 曲が収録されています。
Happy のハッピと、パスが入っていて、95年の横浜大イベントにこの特性サザンハッピを着て全員集合と書いてあります。
おまけのハッピを着て、横浜にみんな集まったんでしょうか?
凄い光景やったろうな。。。
でも、サザンて誰もまねが出来ないような遊び心いっぱいの発想を実際にやってしまうし、それがみんなファンへの100%プレゼントですから、本当に頭が下がります。
あらゆる意味ですごいバンドだな。。。


95.6.24
VICL−40170〜2


これを広げるとハッピになります。


95年の横浜大イベントのパスになります。


Disc 1
1.マンピーのG★SPOT
2.おいしいね
3.シュラバ★ラ★バンバ
4.女神達への情歌
5.希望の轍
6.栞のテーマ
7.亀が泳ぐ街
8.みんなのうた
9.我らパープー仲間
10.ナチカサヌ恋歌
11.勝手にシンドバッド
12.メリージェーンと琢磨仁
13.さよならベイビー
14.女呼んでブギ
15.遥かなる瞬間
16.いとしのエリー

Disc 2
1.涙のキッス
2.匂艶THE NIGHT CLUB
3.ゆけ!!力道山
4.フリフリ’65
5.C調言葉に御用心
6..忘れられたBIG WAVE
7.ニッポンのヒール
8.ミス・ブランニュー・デイ
9.鎌倉物語
10.BROWN CHERRY
11.チャコの海岸物語
12.YOU
13.最後の日射病
14.東京サリーちゃん
15.クリスマス・ラブ
16.YA YA

Disc 3
1.エロティカ・セブン
2.OH,GIRL
3.海
4.MY FOREPLAY MUSIC
5.愛は花のように
6.HAIR
7.素敵なバーディー
8.悲しみはメリーゴーランド
9.夕方HOLD ON ME
10.ポカンポカンと雨が降る
11.EMANON
12.愛する女性とのすれ違い
13.真夏の果実
14.LOVE SICK CHICKEN
15.開きっ放しのマシュルーム
16慕情





3,ホテル・パシフィック

ホテル・パシフィックのピクチャ・レコード のし付きの特製手ぬぐい製のレコードジャケット


ホテル・パシフィックのプロモーション用CD
湘南のえぼし岩をデザイン化したようです?
CDケースをオープンにしたところです。


ホテル・パシフィックの
プロモ・カセットケース
ホテル・パシフィックの
プロモ・カセットテープ


発売1ヵ月で95万枚を売り上げた2000年夏のヒット曲。
1, HOTEL PACIFIC
2, 虫歯のブルース〜インディアン狂想曲

2000.7.19発売


江ノ島を過ぎてルート134を進むと左手に烏帽子岩、そして右手にはパシフィックホテル。
60年代湘南族に愛されたこのホテルも、私が訪れた時にはもう既に外装もところどころ剥げ落ち、なんだか寂れた感じがしたものでした。
今はホテルはなくなってしまったけれど、こんなふうに曲のなかでずーっと歌い継がれていくのっていいですね。
パシフィックホテル茅ヶ崎はサザンの「夏をあきらめて」にも出てきますし、確か、ブレッドアンドバッターにも「ホテルパシフィック」という曲がありましたよね。
歌手の加山雄三さんの一族の出資で、1965年に建てられました。
部屋の色調がそれぞれ違っていて個性的だったし、プールは勿論、螺旋状の階段のある斬新な高層のホテルでした。
それにしてもサザンオールスターズの底力はすごい。
昔っからのファンはもちろんだけど、十代や,二十代のサザンのメンバーからしたら子供といってもいいような若い人にまでもアピールしてしまうっていうのは、ホントにすごいこと。
それに、最初はグループでやっていても、ボーカルや作詞、作曲をする人は独立しちゃって解散することが多いけど、サザンオールスターズはオリジナルのメンバーでずっと二十五年以上活動している。
これもすごいと思う。
しかもテンションが「勝手にシンドバット」のころから変わっていない。
と、すごい、すごいのオンパレード。
どうか、五十になっても六十になっても、素敵な曲を書いてくださいね。
私も七十になっても八十になっても、きっと「いとしのエリー」や「TSUNAMI」を聞いていますから。
                                         BY みーちゃん






4.TSUNAMI

TSUNAMIの非売品オルゴール



「TSUNAMI」を初めて聞いたのが1999年の暮れ、バラエティー番組「ウンナンのホントコ」のテーマソングとしてでした。
2000年1月26日にCDが発売されると爆発的なヒットを記録し、サザンのヒット記録を塗り替えてしまいました。
そのサビの部分が、このオルゴールで奏でられます。
シングルとしてはアップテンポな曲が多いサザンですが、バラッドの「TSUNAMI」が、ロングセラーを続けたのは、癒しを求める社会現象?が関係しているのでしょうか。。。
浮き沈みと消耗の激しい芸能界で、20年以上もトップアーティストとしてファンの心を捕らえ続ける「桑田佳祐」と言うミュージシャンを天才であると認めることに異存のある方はいないでしょう。
でも、意外なことにほとんど毎年の年間人気投票でベスト10を外れているのです。
彼の魅力はなんといってもこれがサザンだという変わらない音楽性に、新しいサウンドを少しずつ巧みに取り込んでゆくセンスの良さでしょう。
これは、「ユーミン」にも共通している特徴だと思います。






5,バラッド3

バラッド3の促販グッズのトートバッグ



バラッド1&2にひきつずき、昨年82000年秋)発売されたシリーズ第3弾の販促用トートバックです。
サイズは横30センチ たて23センチと小ぶりでした。
毎回、アッと驚く企画がこれほど楽しいミュージシャンは、少ないですね。






6,波乗りジョニー

塩ビのクリアーレコードにOh!シャレビキニ付き ジャケット裏



8月のある日近くのレコードショップに出かけると、目立つ場所にこのレコードが置いてありました。
とっくに売り切れているはずと思い込んでいたので、嬉しさ200%の速攻で買いましたが、ストックはまだ10枚程度あったようです。
こまめにあちこちのショップをまわっていると、良いこともあるんだと嬉しかったな。。。

7月12日付オリコンチャート(マキシシングルの方)で、初登場で1位に輝き、現在も大ヒット中のコカ.コーラ キャンペーンソング「波乗りジョニー」の限定アナログ盤です。
予約受注生産の限定品だそうですよ!
ピンク色の可愛い「OH!シャレビキニ」が付いていて、見ているだけでも楽しめます。
聞いて良し、眺めて良しの優れもので、桑田さんらしい洒落の効いたサービス精神が溢れたレコードですね。
桑田佳祐やサザンファンの方は、この機会にぜひゲットしてください!

2001/07/04日発売。 






7,Southern All Stars

Southern All Stars 初回時計付き



1990年に発売されたアルバムです。
4年半ぶりに発売されただけあって、力の入った良い曲が多いと思いました。
初回特典でチープだけど結構派手な感じのデジタル時計が同封されています。
なんか使うのがもったいないのでそのままにしていたのですが、とっくの昔に電気切れで動きません。
使わずじまいのタイム・カプセルとなってしまいました。。。
見ていると、10年ちょっと前の自分を思い出したりして懐かしくもあり、ちょっと悲しいですね。






8,SPACE MOSA


サザンがデビューしてから20年間の、全楽曲221曲をワンコーラスづつ収録。
総再生時間は、なんと417分という壮大な企画物です。
パソコン用とプレステーション2用の2種類あって、パソコン用を予約したのですが、手違いでプレステ用が届いてしまいました。
仕方がないのでプレステもお買いあげとなったわけです。
曲も企画もすばらしい、でも悲しい落ちでした。






9,プロモーションカセット

カセットケース表
カセットケース裏
1.この青い空、みどり〜BLUE IN GREEN〜
2.チャイナムーンとビーフン娘
このカセットに添付されていたモノクロのジャケット写真です。
通常盤ではカラーになっています。
通常盤にはこのプロモの2曲に「心を込めて花束を」を加えた3曲が収録されています


残念な話し。
今年になって、グループとしての活動を休止し、メンバーそれぞれがソロ活動に入っていましたが、8月13日のサザンオールスターズ応援団からのメールで、メンバーのター坊(大森隆志)が8月7日に脱退されたそうです。
その後、週刊誌などで色々な話を見ますが、個人の音楽性を自由に追求するためと書かれていたサザンオールスターズ応援団からのメールを信じたいと思います。
23年間、同じメンバーで変わることがなくやってこられただけに、残念な気持ちで一杯ですが、それぞれが更にステップアップした音楽性を見せてくれると信じて応援してゆきたいと思います。



サザンオールスターズオフィシャルサイト



このページも見てね!

プロモーションCD
桑田佳祐のピクチャーレコード プロモーションレコード





TOPへ戻る