吉田拓郎



1970年にエレックレコードから「イメージの詩」でシングルデビュー。
しかし、吉田拓郎さんの名前が、一躍脚光を浴びたのは、1971年にリリースされた「人間なんて」やったです。
フォーク・ソングの枠を超えるメッセージ性の強さと、飾り気のない言葉に込められた鋭い洞察力にハートが共鳴したものです。
和製ボブ・ディランみたいな感じでしたね。
その後も、「結婚しようよ」、「旅の宿」など想い出の曲は数知れませんです。
ニューミュージックの創世記に爆発的な影響とカリスマ的な人気は、本当にすごかった!

そうそう、森進一さんに楽曲提供した「襟裳岬」もええ曲やったな。




プロモーション・レコード


サマルカンドブルー


A面 サマルカンドブルー
B面 パラレル
FOR LIFE SAM-59


「サマルカンドブルー」は、スローテンポでゆったりとした曲ですね。
爽やかな風に揺られているみたいな、静かで深い愛の世界を歌っているような気がします。
「パラレル」、この曲にはジーンとしました。
同じ夢と未来を共有していたはずなのに、年月がたち、走り続けるのをやめてふと振り返ると、彼女が遠くにいて、まるで見知らぬ他人のように思えたことがあります。
愛と別れの結末は、そんなものなのかもしれません。





ひまわり


A面 ひまわり
B面 シンシア`89
FOR LIFE SAM-75


ひまわりと聞くと、ソフィア・ローレンの哀しみと涙に染まった黄色の大地を思い出します。
この歌は、それとは関係ないけど、見果てぬ夢を追いかけながら、いくつもの挫折を経験し、目を背け、耳をふさいで生きていても、チクチクと悔恨の念にさいなまれる自分のことを歌われている気がします。





俺を許してくれ


A面 俺を許してくれ
B面 妄想
FOR LIFE SAM-97


ジャケットに「A、一曲扱いどす」と落書きがしてあります。
B面はいらんのか?と突っ込みを入れたくなるけど、確かに「俺を許してくれ」は、傑出してますよ!
よほどタフでハードな神経でないと、この曲に込められた鋭い言葉に、ボロボロにされてしまいます。
「心が痛い、心がつらい」です。






通常盤EPレコード


A面 結婚しようよ
B面 ある雨の日の情景
CBS/SONY SONA-86212
1972. 1.21




A面 旅の宿
B面 おやじの唄
CBS/SONY SONA-33-OD
1972. 6.21




A面 おきざりにした悲しみは
B面 花酔曲
CBS/SONY SOLA-68-OD
1972.12.21




A面 伽草子
B面 こんなに抱きしめても
CBS/SONY SOLB-39-OD
1973. 6.21




A面 金曜日の朝
B面 子供に
CBS/SONY SOLB-92-OD
1973.12. 5




A面 となりの町のお嬢さん
B面 流れる
FOR LIFE FLS-2
1975. 9.25




A面 明日に向って走れ
B面 ひとり想えば
FOR LIFE FLS-6
1976. 3.25




A面 たえこ MY LOVE
B面 チークを踊ろう
FOR LIFE FLS-12
1976.12. 5




A面 舞姫
B面 隠恋慕
FOR LIFE FLS-1026
1978. 6.10




A面 元気です
B面 証明
FOR LIFE 7K-4
1980.11. 5

A面 サマーピープル
B面 二十才のワルツ
FOR LIFE 7K-17
1981. 4. 5

A面 唇をかみしめて
B面
FOR LIFE 4K-1
1982. 3.21



オフィシャルサイト



CDでリリースされてますから、興味のある方は是非聴いてみてください!






TOPへ戻る   プロモーションレコードへ戻る